So-net無料ブログ作成

食戟のソーマネタバレ感想13巻決勝戦の最終決着と実地研修スタジエール [食戟のソーマ]

食戟ソーマ13巻感想です。続きからどうぞ。

漫画・コミック ブログランキングへ

要点
・創真の白い豆乳スープで全員おはだけ決定!
・他の生徒がソーマの才能を否定する理由は実力差
・選抜の優勝者は、接戦の末に葉山アキラ。
・実地研修(スタジエール)で創真&緋沙子と恵&えりながコンビ?

サンマがお題・秋の選抜決勝戦。
創真は、ご飯に豆乳を入れ三人の審査員をおはだけ!

七席の一色慧は、ある事を思い出す。

ソーマ父の城一郎曰く・・・・・・。
『才能のある奴には負けてもしょうがない』という無意識のフタがない。
自分の足りない部分にあっけらかんと向き合う強さ。

遠月の生徒が創真を認めない理由。
『努力してない自分を認める事になるから』
一色は、創真の本質を見抜いて微笑したのだ。

だが、アキラの才能でリョウと共に敗北して準優勝。
アキラには、ある国の路地裏で潤に拾われた。
名前も親も知らない彼は香りと料理の天才だ。

潤が勉強を教え彼を中等部へ入学させた。
後に、潤が所属してた葉山セミの教授が身元引受人と名付け親に。
『葉山アキラ』は、異国の孤児で天涯孤独だ。

潤は、彼の教師と同時に育て親。
大恩師に抱きつきアキラは勝利を祝う。
しかし、彼の才能は危険だと銀は指摘する。

敗北した創真も実力者と出会って前へと突き進む。
いつもの日常が戻って三人も打ち解けたある日。

新たなる試練が一年生に待ち受ける。

実地研修ことスタジエール。
有名料理店で『目の見える実績』を残して合格。
就職をする学生もいるが、極めて厳しい研修だった。

年によって少し異なるが、最初は二人一組で挑む。
一ヶ月間で数回の研修に挑む。不合格だと退学もあり得る。

創真は、秘書子と一緒の組となった。

実習先は、『洋食の三田村』小さな洋食屋。
監視する人さえ実習の難易度が非常に高いと。
極めて厄介な研修先に二人は挑む羽目となったのだ。

新幹線でお客が激増したのが大きな理由。
厨房は戦場となるが、創真の力で何とか潜り抜ける。

秘書子は、事務として困難な課題へ挑む事に。
彼女は、最初の戦場で店の問題点を直ぐに察知。
二人は、店主に店を予約制にした方がいいと提案。

一方、えりな&恵は
フランス料理店へと実習開始。
恵が皿洗いの裏方に徹してソース量の改革。
合格見込みとなって一息つくことに。

洋食屋を無事に改革して店主も感謝。
創真ペアは無事に合格して創真は次の研修先へ。
何と、四宮が新装開店直前の東京店が次の舞台。

【中古】食戟のソーマ/漫画全巻セット⇒

漫画・コミック ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。