So-net無料ブログ作成

食戟のソーマネタバレ感想10巻葉山アキラの香りの魔術とタクミVS昴の食戟 [食戟のソーマ]

食戟ソーマ10巻感想です。続きからどうぞ。

漫画・コミック ブログランキングへ

要点
・アキラの香りで秘書子は一回戦敗北
・美作昴の妨害でタクミは食戟で劣戦で敗北
・四人の二回戦進出者が決定した。

アキラと秘書子の戦いはアキラの圧勝。
秘書子のスッポンも見事でした。
しかし、アキラのケバブ・香りの魔術に敵わず敗北。

鍵は、ケバブのつけ合わせである
ピクルスの『アチュール』が隠し味だ。

次の戦いは大波乱の展開。
タクミの大切な包丁・メッザルーナを昴がガムを。
昴は、料理人の屑。包丁を情け容赦なく集める外道。

しかも、ストーカー気質でタクミを劣戦に強いる。
人の絆をないがしろにした昴が見事に圧勝。
タクミも限られた食材で善戦もむなしくの結果だった。

昴の本性を知った創真は怒りを露にする。
創真と昴はビーフシチューで食戟決定。
ソーマが負けると料理人をやめると提言。

本選二回戦は、幸平創真VS美作昴の食戟から始まる。

学園新聞でも前代未聞だと取り上げられる。
試食のビーフシチューをえりなが重大な決定を指摘。
新聞記者の中等部3年・早津田みつると共に戦いへ。

肉魅の差し入れからあるアイデアを思い出す。
さすが、ミートマスターというだけありますね(笑)

二回戦本選の審査員が凄かった。
お風呂で審査員の依頼を受けた堂島銀が再登場。
裸なのでムフフとして次回へと続く。

【中古】食戟のソーマ/漫画全巻セット⇒

漫画・コミック ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。