So-net無料ブログ作成

ワンピースネタバレ予想814話サンジ&四皇の娘プリンとネコマムシの旦那・815話へ [ワンピース]


ネタバレ全開です。
良かったら続きからどうぞ。


漫画・コミック ブログランキングへ
ブルックは、カポネの出来事を思い出す。
そう、それはあまりに突然の別れ。
シーザーとサンジは、ある場所に連行中。


お茶会は、ビッグマムにとっては
大きなイベントであり楽しみでもある。
結婚を決めたのは、両家だった。

花嫁になる予定のプリンは華の様。
彼女は、サンジにとって忌々しい女。
簡単に気を許したら確実に殺されるのだ。

”魔性の女”と言われる美しさがある。
「待ってて頂戴。サンジ様・・・・・・」
フィギュでサンジ悪魔風脚 画竜点睛ショットか?

サンジは、自分の父親と決着を付ける。
そう考えていたのだ。それは事実だった。
サンジの満腹ごはん

ブルックの頭は、現在に戻った。
彼らは、ワンダの案内でくじらの森へ。
ブルック達にとってネコマムシの旦那は恩猫。

サンジの事はルフィ達には知らせてない。
返って混乱が起こるので後に話すつもりだ。
それより、カイドウ一味の危機が不味い。

このままだと、再びゾウが不味い。
象主とミンク族の平穏が戻らないと
彼らの日常は終わる気配は全く無い。

その頃、錦えもん達はバテリエと登頂中。
ゾウは・・・・・・今日もまた新世界を彷徨う。
「幻の島」に霧が立ち込めていく。


象主は霧を闇雲に突き進む。
気候の変化は全く関係も無く・・・・・・。
1000年以上生きている長寿の象主。

これが、何故誕生したかも
全く定かではないと言われてる。
ミンク族にとってもそれは大きな謎。

「ここがくじらの森・中心地」
「癒しの泉だ。旦那様はそこにいる」
キャロットが指差す先には泉があった。

その真ん中に大きな猫が眠ってる。
「旦那様、麦わらの一味です・・・・・・」
目覚めて起きたら凄まじい威圧感が!!

包帯が痛々しく巻かれてたが
その覇気は紛れもなく覇王色だった。
ガーディアンたちも近づいてくる。

麦わらの一味を歓迎してるのだ。
「説明をするためにお前たちをよんだにゃー」
「これから言う話を良く聞いてくれ!」

ルフィ達にとっては衝撃的な内容。
これが、後に一波乱を起こすこととなる。
ルフィのフィギュアはどうなる?

ロー達は・・・・・・ある場所へと向かう。
そこは、ベポの両親が残した小さな家。
中に入ってから暖炉を入れて話をする。

「キャプテン、俺の両親はくじらの森の元番人だ」
「ネコマムシの旦那様が遺してくれた場所だ」
「俺の過去を語ってなかったな。皆には?」

「何が起こったんだ?」ローも知らない。
「俺が捨てられた時の話だよ・・・・・・」
ベポにとっては、忌々しき過去がある。

「誰にだ?」「ミンク族のある山賊だ」
『俺は、奴らに両親を殺されてしまった』
『そのまま、船に拾われて北の海に行った』

『俺は、あの山賊共を探してるんだ』
「どうやら、奴らはカイドウの傘下に入ってる」
「あいつらを俺は絶対に許せない・・・・・・」


ベポの回想が始まった。
そして、ルフィはサンジのことで怒る。
ゾウは新たなる波乱が待ち受ける事に。

漫画・コミック ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。