So-net無料ブログ作成

ワンピースネタバレ予想807話2・ゾウのミンク族ジャックと四皇カイドウと革命軍 [ワンピース]


ネタバレ全開です。
良かったら続きからどうぞ。


漫画・コミック ブログランキングへ

『サンジ君は、ブルックとモモと』
『敵にさらわれて行方不明なのよッ!!』
『おまけに、シーザーまで捕まっているわ』

『『『えええええええええ!!』』』
ルフィとフランキーとウソップはビックリ。


『動物の集団が攫ったみたい。』
『でも、ミンク族じゃないのよっ』
『どうやら、動物系の能力者じゃないかって』

ワンダと馬とライオンのミンク族も頷く。
彼らは、攫われた瞬間を目撃していた。


「こいつが生存のみの賞金首と」
「それと例の実を食べたモモの助か・・・・・・」
「後、シーザーも絶対に逃がすよっ」
動物系の能力者の敵に囲まれた4人。

ナミとチョッパーは別行動で無事だった。
「三人を攫うのは許せませんよッ」


ブルックが反撃したが無駄だった。
敵の中に強力なつわものがいたのだ。
彼の手で三人はあっという間に連れ去られた。

その後、ナミとチョッパーは保護。
ワンダ達からサンジ達が攫われたと伝わる。
こうして頭は現在に戻る。

「サンジ達を助けるために探検に行くぞ」
ルフィの行った事は的が当たっていた。
「でも、ゾウは広いわよ。何処に行くの?」


ナミとチョッパーも途方に暮れていた時だ。
『奴らの根城なら少し目星がついとるぞい』
一人の老人がやって来た。羊のミンク族だった。

「ネコまむしの旦那様だっ」
ベポの良く知っている老人だった。


『奴らは、腹下の谷に根城にしている』
『じゃが、そこは非常に危険な場所じゃよ・・・・・・』
「危険な場所って何なんだ?」ウソップは疑問。

『溶岩より危険な胃酸じゃよ・・・・・・』
『あたったら一発で身体が溶ける強烈な酸』
『谷の道中にはそれが溢れておる』
『鉄くずも一発で溶けてしまう。機械でも無駄じゃ』

「ゲゲッ。身体が溶けたら死ぬぞッ!」
フランキーとウソップもこれはには慌てる。
フランキー将軍のフィギュアも溶ける。

「ミンク族には、独特の毛皮があるので」
「それがある限りは溶ける事はないが・・・・・・」
『おぬし達。レッサーパンダだと死ぬぞい』

『一つだけ対抗策があるッ』
『ワンダ。例の場所にそティラ達を案内せい』
「はい、ネコまむしの旦那様ッ」

『鯨の森に入ることを許可する』
『あそこは、我々ミンク族の聖地じゃよ』
『ベポや。お前は問題ないから話があるんじゃ』
許可証を貰ってワンダと一緒に突き進む。

ベポとネコまむしの旦那は右腹の森に残った。
『あの、本当のことを言わなくていいんですか?』
『元四皇・百獣のジャガー様・・・・・・』
『この国出身だとは知らなかったです』

『てっきりライオンのミンク族かと―――』
『羊が、本来の姿とは知りませんでした』


”その通り名は、カイドウが今使用している”
”彼は、ジャガーに憧れを抱いている一人だ”


”彼は、元四皇のジャガー”
”ネコまむしの旦那様と慕われている元海賊”
”現在は、隠居生活を送って満喫している”

『今、正体を明かしても仕方あるまい』
『ロジャーと白ひげとワシとシキが旧四皇!』
『古き海賊はもう必要は無い。新世代こそが』
『新たなるニューワールドを作り出すんじゃよッ』

『そのお気持ちは分かりますが・・・・・・』
『隠居しても十分に影響力は高いですよ』
(キャプテン達が知ったら驚くだろうな)

ワンダは、ある場所へと皆を連れて行くことに。
「鯨の森にサンミ草という薬草がある」
「それがあれば、強烈な酸も効かないで進める」
「効果は、一週間で切れる・・・・・・」

「それがあれば酸に負けずに進める」
「我々、ミンク族は問題ないがそティラ達は別だ」
「敵に鯨の森を荒らされて薬草が盗まれた」

「残った薬草があれば薬を作れるッ!!」
『誰に森を荒らされたんだ?』ルフィは疑問。


『ジャックともう一人厄介な海賊がいる』
『殺された仲間達の伝言があった!!』
『奴は、四皇カイドウという男らしいっ!』

『『『『『えええええええええ!!』』』』

ゾウの冒険はここから始まるのであった。
ローとルフィはカイドウと恐怖の戦いに挑む。

漫画・コミック ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。