So-net無料ブログ作成

ワンピースネタバレ予想846話ビッグマムの怒りとルフィの雷鳴とサンジの結婚式847話へ [ワンピース]


ネタバレ予想です。
良かったら続きからどうぞ。


漫画・コミック ブログランキングへ
怒り狂う万国は嵐の一時だ。
クラッカーを倒された怒りは計り知れない。
ビッグマムの幹部たちが動いてるのだ。

『麦わらのルフィを仕留めろ』
『ママがお怒りになってるぞ~!』


強大な力なのでナミは震える。
しかし、ルフィは決して挫けない。
サンジをひたすら待つのみだった。

ナミはビブルカードを眺めた。
『ローラ・・・・・・どうしよう』
『私達がこのままだと死んでしまう』

悩むナミは一つの活路を見出した。
圧倒的な力ゆえに敵わずとも繊細で
海を駆るが如く何かを指し示している。

『ルフィ・・・・・・ここから少し離れよう』
『私達2人が向かうべき方向が見えたの』

【嫌だ。俺はここを引かない】
【サンジを待つんだ・・・・】
【身体はどうでもいいのさ!!!】

彼がその台詞を言った瞬間雷がなった。
『ルフィが言った瞬間に雷が? 嘘』


処刑台で鳴った雷鳴の如くである。
かつてローグタウンで鳴り響いた雷。
それが再びルフィ達を救ったのだ!!

まってる場所に大穴が空いていた。
ナミも危険だったがルフィが助ける。

ホーミング達も大パニックだ。
『ひええええ、ママ以外の怒り?』
『こいつも天候を操れるのお~!!』

ケーキホールアイランドは
雷鳴と大嵐が鳴り響いていた。
まるで皇帝に逆らうが如くの天災。

怒りの兵隊がルフィの場所を取り囲むが
大穴によって彼らの行方を見逃してしまう。
幹部たちは直ぐにビッグマムに状況を報告。

『え、雷が鳴ったのかい?』
『麦わらのルフィも天災を味方に?』


(あの力をこの坊やは持ってる)
(他の最悪の世代と格が全く違う!)

『麦わらには是非会いたいねぇ』

『だけど、簡単にはあわせないさ』
『ここが私の縄張りだって事は思い知れ』
『奴らを生け捕りにして私の元へ運びな』

【多分、あんた達が戦っても殺せない】
【ホーミングと天災が麦わらの味方だよ】

意味深な言葉を子供達に語りかける。


『ママ、どうして?』『お黙り!!!』
『だが、実力は私達が上で変わりはない』
『麦わらと泥棒猫を捕らえる事に専念しな』

ナミをホーミング達が助けていた。
『ママの魂エネルギーに逆らえない』
『悪い人じゃないから助けたんだ~~』

地下へ落ちたルフィ達は
ビブルカードが指し示す先へと。

『ルフィ。このビブルカードは』
『ビッグマムのカードだったのよ』
『このカードが指し示す先に彼女がいる』

『そこにいけばいいのか?』
『ナミ、俺をビッグマムの所へ導け』

『止まらないよね・・・・・・ルフィ?』


『ロビンの時もそうだったでしょ?』
『仲間を取り戻すだけで突入するの』
ナミはルフィの気持ちには理解してる。

バウンドも地下に姿を現した。
ホーミング達が彼を呼んだからだ。

『お~い、俺も行くぞ』
『ローラのお父さんだわ』『おっさんも』

『地上では怒りの兵隊が包囲してて』
『怖いから地下に降りてたんだ・・・・・・』

『止まらないなら俺も付いていく』
『地下通路の迷路は分かってるからな』
『水あめの水路は迷いの魔法が掛かってる』

ナミとルフィは疑問に感じていた。

『キャンディー大臣の迷いの魔法』
『これを攻略しないと宮殿には到達しない』

頭を使うのが面倒なルフィは唸る。
ナミにとっても頭脳戦となるのだ!!

水飴の水路には化け物が潜んでいた。
水路を通り抜けるルフィは決意の色だ。

プリンとサンジも宮殿内で覚悟を決めた。
旅の終わりを考えたサンジの思いを知った。


だが、プリンには一つだけ手段があった。
それはナミから手渡されたビブルカードだ。
『ジンベエ親分のビブルカード・・・・・・』
『これに導けばサンジさんを出せる筈だわ』

其々の戦いは雷鳴の元で響き渡る。
ケーキホールアイランドの一日は再び始まる。

漫画・コミック ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ht

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。